本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



Home  > 講演会等開催案内  > 大阪大学グローバルコラボレーションセンター「勃興するハラール産業の現状と可能性」(1月28日(月))

大阪大学グローバルコラボレーションセンター「勃興するハラール産業の現状と可能性」(1月28日(月))

講師:富沢寿勇(静岡県立大学副学長・グローバル地域センター副センター長)

盛況のうちに終了しました。多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。

ハラールとはイスラームの観点で「神に許された」「合法的」を意味します。
今日イスラーム世界を中心に勃興しているハラール産業は、消費生活のあらゆる領域にわたる商品・サービス群をハラールという価値で再編しつつあります。同産業が興味深いのは、ムスリムのみならず非ムスリム消費者も対象にした普遍性の高い商品・サービス群のグローバル展開の可能性を示しているところです。
この講演では、世界各地で展開している同産業の現状と課題を紹介し、日本での対応のあり方についても論じます。


1 日時
平成25年1月28日(月)17時~19時

2 場所
大阪大学人間科学研究科東館106教室(〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1番2号)

3 主催者等
主催 大阪大学グローバルコラボレーションセンター
共催 静岡県立大学グローバル地域センター

*詳細は、大阪大学グローバルコラボレーションセンターのページをご覧ください。


講演会等開催案内


Copyright © Global Center for Asian and Regional Research, University of Shizuoka All Rights Reserved.