グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  講演会等開催案内 >  公開セミナー「日本におけるハラールサイエンスの可能性」(7月29日(金))

公開セミナー「日本におけるハラールサイエンスの可能性」(7月29日(金))


このエントリーをはてなブックマークに追加
盛況のうちに終了しました。多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。
講師 大阪大学大学院教授、日本ハラール研究所副代表理事 民谷栄一先生
講師 ウタラ・マレーシア大学教授、日本ハラール研究所代表理事 カムルル・ハサン先生
司会 グローバル地域センター副センター長 国際関係学部長 富沢壽勇

クリックすると、
PDFファイルが開きます(PDF:446KB)

イスラーム市場を対象としたハラール産業のビジネス展開は、近年の日本でも注目され、これに応じてさまざまなハラール認証団体も登場しています。

ハラール認証制度ではイスラームの理解が必須であることはいうまでもありませんが、イスラーム圏東南アジアではこれを科学的な視点から保証するハラールサイエンスも認証制度の中に組み込まれているのが一般的です。他方、わが国ではこのハラールサイエンスへの本格的な取り組みはこれまでほとんどありませんでした。

今回のセミナーでは、ブルネイでのハラールサイエンス構築に先駆的に貢献されてきたお二人の科学者をお招きし、日本におけるハラールサイエンスの可能性を探ります。文系、理系の学生や教職員はもちろん、ハラール産業にご関心のある企業、行政、認証団体関係者などの多数の皆様のご来場をお待ちしています。
日時 2016年7月29日(金) 13時00分 ~15時35分(開場12時30分)
プログラム 主催者挨拶(13:00~13:10)
講演1「ブルネイにおけるハラールサイエンスの現状と課題」民谷栄一先生(大阪大学大学院教授、日本ハラール研究所副代表理事)(13:10~13:55)
質疑応答(13:55~14:10)
休憩(14:10~14:20)
講演2「ハラール産業のグローバル動向とイノベーションの機会:日本での可能性」カムルル・ハサン先生(ウタラ・マレーシア大学教授、日本ハラール研究所代表理事)(14:20~15:05)
質疑応答、総合討論(15:05~15:35)
会場 静岡県立大学 谷田キャンパス 一般教育棟1階 2107講義室(住所 静岡市駿河区谷田52‐1)

■徒歩の場合
JR「草薙駅」または静岡鉄道「草薙駅」「県立美術館前」下車、上り坂徒歩15分
■バスの場合
JR「草薙駅」前より静鉄バス「三保草薙線」「草薙団地行」へ乗車4分、「県立大学入口」下車、徒歩5分

*会場へのアクセス図はこちらをご覧ください。
*公共交通機関をご利用ください。
参加料 無料
どなたでもご参加いただけます。
お申込み方法 氏名・フリガナ、会社名・団体名・学校名、住所、電話番号を、7月28日(木)までにメールまたはFAX・郵便にて、下記のグローバル地域センターまでお知らせください。FAX・郵便の場合、リンク先のちらし・受講申込書をご利用ください。
*先着順100人で定員になり次第締め切ります。
主催・お問い合わせ 静岡県立大学グローバル地域センター
〒420-0839 静岡市葵区鷹匠3-6-1 もくせい会館2階
電話:054-245-5600
FAX:054-245-5603 
E-mail:glc(ここに@を入れて下さい)u-shizuoka-ken.ac.jp

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。