グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  講演会等開催案内 >  公開講演会「大転換期中国のジレンマ-新たな日中関係を探る」(3月25日(金))

公開講演会「大転換期中国のジレンマ-新たな日中関係を探る」(3月25日(金))


このエントリーをはてなブックマークに追加
盛況のうちに終了しました。多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。
当日の柯隆特任教授のパワーポイント資料は以下よりダウンロードできます。

中国人民大学名誉教授 周孝正氏 講演

グローバル地域センター 柯隆特任教授 講演

対談、質疑応答

クリックすると、
PDFファイルが開きます(PDF:1.18MB)

1978年に中国政府が打ち出した「改革・開放」政策により、中国は奇跡的な経済成長を成し遂げましたが、一方で司法制度の機能不全、所得格差の拡大、環境汚染の深刻化、社会保障制度整備の遅れ等、様々な矛盾を抱えています。
好調だった経済も、昨年から急激に減速しており、中国は今、大転換期を迎えています。
静岡県立大学グローバル地域センターでは、本県経済とも密接な関わりのある中国の社会、経済についての情報や考察の観点を提供するため、公開講演会を開催いたします。
是非、ご来場ください。
日時 公開講演会「大転換期中国のジレンマ-新たな日中関係を探る」
平成28年3月25日(金)13時15分~16時15分(開場 12時45分)
会場 静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」11階 会議ホール「風」
(静岡市駿河区池田79-4)
■JRご利用の場合 静岡駅南口から車で15分、東静岡駅南口から徒歩5分
■静岡鉄道ご利用の場合 長沼駅から徒歩約12分

*会場へのアクセス図は、こちらをご覧ください。
参加料 無料
どなたでも参加いただけます。
お申し込み お申し込みはこちら。
※定員となり次第、締め切ります。
プログラム(予定)※同時通訳有 開場(12:45)
あいさつ(13:15)
講演 中国人民大学名誉教授 周孝正氏「転換期の中国社会のジレンマ」(13:20)
休憩(14:20)
研究発表 静岡県立大学特任教授 柯隆「転換期の中国経済の課題と新たな日中関係」(14:30)
対談、質疑応答(15:15)
終了(16:15)
講師 周 孝正(中国人民大学名誉教授)
〈講師プロフィール〉
1947年北京生まれ。1981年首都師範大学卒。2007年まで、中国人民大学社会学専攻において、「現代中国社会と社会問題」や「人口社会学」などを教授。ユーモアあふれる語り口で社会問題に鋭く切り込み、多くの人に親しまれている。現在多くの大学において教鞭を取るほか、セミナーや講演活動を行う。専門は社会学、現代中国の社会問題、人口社会学。著書は『応用社会学』、『新人口戦略』など多数。


柯 隆(静岡県立大学グローバル地域センター特任教授、(株)富士通総研主席研究員)
〈講師プロフィール〉
中国南京市出身。1994年、名古屋大学修士(経済学)。中国経済・金融を専門とする日本の代表的エコノミスト。分析力に定評があり、日本、中国、アメリカ等国内外で執筆・講演活動を行う。財務省外国為替審議会委員等を歴任、現在、財務省中国研究会委員等を務める。著書に、『暴走する中国経済』、当センター中国自動車産業研究会の研究成果をまとめた、『日系自動車メーカーの中国戦略』(編著)ほか。
後援(予定) 静岡県、(公財) 静岡県産業振興財団、(公社)ふじのくに地域・大学コンソーシアム、静岡県信用保証協会、(一社)静岡県経営者協会、(公社)静岡県国際経済振興会、(一社)静岡県商工会議所連合会、静岡県商工会連合会、静岡県中小企業団体中央会、(独)日本貿易振興機構静岡貿易情報センター、静岡県日中友好協議会、(公財)浜松地域イノベーション推進機構、朝日新聞静岡総局、産経新聞静岡支局、日本経済新聞社静岡支局、毎日新聞静岡支局、読売新聞静岡支局、共同通信社静岡支局、時事通信社静岡総局、中日新聞東海本社、静岡新聞社・静岡放送(順不同)
主催・お問い合わせ 静岡県立大学グローバル地域センター
〒420-0839 静岡市葵区鷹匠3-6-1 もくせい会館2階 
電話:054-245-5600
FAX:054-245-5603
E-mail:glc(ここに@を入れて下さい)u-shizuoka-ken.ac.jp

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。