本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




民族と宗教の経済学

故 竹内宏氏が「人生最後の挑戦」として、ご逝去の直前まで執筆していた未完の論文「民族と宗教の経済学」を掲載いたします。



今後、長期にわたって連載予定のこの報告書は、軍事的・思想的覇権国が、世界経済にいかなる「混乱と平和」「不幸と幸福」をもたらしたかを世界史的観点から考察して、日本の将来のあり方を展望しようとするものである。
なお、専門の先生方はもちろん、学生諸君も、この原稿に対する御意見や間違いの御指摘等があれば是非お寄せいただきたい。

キリスト教文化と経済

儒教と経済

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


Copyright © Global Center for Asian and Regional Research, University of Shizuoka All Rights Reserved.