グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  センター概要 >  沿革

沿革


このエントリーをはてなブックマークに追加
グローバル地域センターは、財団法人静岡総合研究機構が公益法人を巡る制度改革に伴い、平成24年3月末に解散したことから、その機能を継承するため、静岡県立大学の中に設立しました。

(財)静岡総合研究機構は、昭和59年に地域のシンクタンクとして県内市町村等の協力を得て設立され、地域づくり、産業振興等に関する調査研究を行ってきました。

また、平成7年からは、毎年「静岡アジア・太平洋学術フォーラム」を開催してきました。このフォーラムでは、内外の一流の研究者によって、文化・文明、政治・経済等幅広いテーマが討論され、研究者間の交流が深まり、内外で高く評価されるようになりました。

グローバル地域センターは、(財)静岡総合研究機構が蓄積してきた知識や人的ネットワークを活かして調査研究を行うとともに、新たに、危機管理の研究、及び識者が定期的に集い情報を交換しながら自由に意見交換できる場(サロン)づくりを行ってまいります。