グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  研究情報 >  センター研究成果 >  センター報告書2017 >  日本におけるハラール産業の可能性と課題

日本におけるハラール産業の可能性と課題


このエントリーをはてなブックマークに追加
富沢寿勇 編

日本におけるハラール産業の可能性と課題 報告書

静岡県立大学グローバル地域センター
2017年12月15日発行
価格 - (在庫に限りがあります。御了承ください。)

イスラーム文化は地域を超えて多様にグローバル化しており、その歴史的特徴に対する理解を深める必要性が高まっている。静岡に於いても日増しに取り組みの重要性が増しているハラール産業に着目し、平成25年度~28年度にかけて調査研究を重ね開催された連続公開セミナーの講演録。
イスラーム文化に対する基本的な考え方、実践的・具体的なハラール産業の規範や実施基準、ハラール産業によるイスラームコミュニティへの対応に至るまで、幅広く紹介。