グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  研究情報 >  センター研究成果 >  センター報告書2017 >  ワークショップ「南海トラフ地震の予測に必要な観測・研究は何か」報告書

ワークショップ「南海トラフ地震の予測に必要な観測・研究は何か」報告書


このエントリーをはてなブックマークに追加
楠城 一嘉 編著

南海トラフ地震の予測に必要な観測・研究は何か 報告書

静岡県立大学グローバル地域センター
2017年4月発行
価格 - (在庫に限りがあります。御了承ください。)

南海トラフ地震の予測へ向けた研究力の向上が重要であるとの共通理解を構築するために、静岡県立大学で開催されたワークショップの概要をまとめました。
この分野における静岡県内外の研究者が先端的研究を紹介。

※ワークショップの詳細は、「講演会等開催案内」の掲載サイトをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。