グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  研究情報 >  センター研究成果 >  論文2017 >  日本の地震観測網の性能評価: 1920年代からの変遷を解明

日本の地震観測網の性能評価: 1920年代からの変遷を解明


このエントリーをはてなブックマークに追加

グローバル地域センター 地震予知部門総括 特任准教授 楠城一嘉

共著者 D. Schorlemmer(ドイツ地球科学研究所)、平田直(東大地震研)、
石垣祐三・土井恵治(気象庁)、鶴岡弘(東大地震研)、
T. Beutin(ドイツ地球科学研究所)、F. Euchner(スイス連邦工科大学)

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。