グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  研究情報 >  センター研究成果 >  論文2018 >  南海トラフ巨大地震の震源域における力の状態の推定

南海トラフ巨大地震の震源域における力の状態の推定


このエントリーをはてなブックマークに追加
グローバル地域センター 地震予知部門総括 特任准教授 楠城一嘉
静岡大学防災総合センター 客員教授 吉田明夫

楠城一嘉特任准教授と静岡大学防災総合センターの吉田明夫客員教授の研究グループは、地震活動から南海トラフ沿いのプレート境界における力の状態を推定することに成功しました。次の南海トラフ巨大地震の発生が迫っているかどうかを評価する手法に結びつく点で、地震防災上、重要な研究です。

南海トラフ地震は、マグニチュード(M)9の2011年東北地方太平洋沖地震と同じような、日本社会だけでなく国際社会にも大きな影響を与えるプレート境界で発生する巨大地震です。もし、プレート間の固着の状態や力のかかり具合を推定できれば、地震発生に至る過程の進行状況を知ることができるでしょう。詳細は下部の「本研究のポイント」をご参照ください。

*本研究はJSPS科研費 (JP17K18958)の助成を受けたものです。

『Nature Communications』掲載論文

本研究の成果は、2018年3月16日、Nature関連誌の総合科学ジャーナル『Nature Communications』(2 Year Impact Factor: 12.124、5 Year Impact Factor: 13.092)に掲載されました。

『Nature Communications』は、生物学、物理学、化学および地球科学のあらゆる領域における高品質な研究を出版するオープンアクセスジャーナルであり、掲載される論文は、各分野の専門家にとって非常に意義のある重要な進歩を示したものです。

南海トラフ沿いのb値の空間分布 地図

南海トラフ沿いのb値の空間分布

『Nature Communications』掲載サイト(英語版)>
(外部サイトが開きます)


K. Z. Nanjo and A. Yoshida (2018) A b map implying the first eastern rupture of the Nankai Trough earthquakes, Nature Communications, DOI: 10.1038/s41467-018-03514-3

本研究のポイント

  • 巨大地震の発生にかかる力を表す「差応力」と逆相関する「b値」という指標を用いて地震活動を解析した結果、1944年東南海地震と1946年南海地震の際に大きく滑った領域でb値は低く、その中間の領域でb値は高いことが分かりました。このことから、力の状態は空間的に均質ではなく、南海トラフの東西に大きな「差応力」領域があると考えられます。
  • b値は、海底地殻変動のデータなどから推定されるプレート間の固着状態の指標(専門的には、すべり欠損速度と呼ばれる指標。年間でどの程度陸側のプレートが海洋プレートに引きずり込まれているかを示す値)と相関関係があることが分かりました。固着が強い(滑り欠損速度が大きい)領域で、差応力が大きい(b値が小さい)という結果は、世界の他の地震発生地域における観測事実とも調和的です。
  • 南海トラフを東西で分けた時、東側の固着の強い領域の方が、西側の同様な領域よりもb値が低い(差応力が大きい)ことが分かりました。この結果は、南海トラフ沿いの東側が西側よりも先に破壊される傾向にあることを示唆しており、過去の南海トラフ沿い巨大地震の発生の特徴と整合します。
  • 本研究から、南海トラフ沿いでの地震発生の切迫性を評価できる可能性が出てきました。従って、この研究は、次の南海トラフ巨大地震の発生に備える上で、防災上、重要な研究です。