本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



Home  > 研究情報  > 刊行物  > 2015年

2015年

台湾の危機管理要員教育訓練施設に関する調査 小川和久、西恭之 著

静岡県立大学グローバル地域センター
2015年9月30日発行
無料配布(在庫に限りがあります。御了承ください。)


台湾政府は、世界各国の防災・危機管理要員教育訓練施設を参考として、台湾に相応しい内政部消防署訓練センターを2010年に開設した。静岡版ディザスター・シティの開設に向けて、台湾側との協力を提言する。

危機管理の死角  小川和久 著

東洋経済新報社
2015年7月31日発行
ISBN978-4-492-53366-6
価格 1,500円(+税)


日本流の平時型組織では危機対応はできない。国際水準をクリアした有事型組織による危機管理のあり方を示す。

中国戦力報告(中国の戦争力 台湾中国語版) 小川和久、西恭之 著

大是文化有限公司
2015年7月7日
ISBN 978-986577091-4
価格 NT$340(+税)


『中国の戦争力 台頭する新たな海洋覇権の実態』(中央公論新社、2014年3月25日発行)の台湾中国語版。郭凡嘉訳。副題を含む書名は『台湾政府閉口不提的中国戦力報告』(台湾政府が言わない中国の戦争力)。

日系自動車メーカーの中国戦略 中国自動車産業研究会代表 柯隆 編著

東洋経済新報社
2015年3月26日発行
ISBN978-4-492-76217-2
価格 2,200円(+税)

研究にあたって、中国国家発展改革委員会総合運輸研究所、エネルギー研究所、上海社会科学研究院など、中国の主だった研究機関にインタビューを実施したうえ、中国政府の経済戦略、中国自動車産業と市場の現状、交通渋滞や排気ガス汚染といった環境問題など、中国が抱える課題を詳細に考察した。
研究者のみならず、実際に中国で事業展開している自動車関連メーカーも執筆に参加。生産現場、中国市場により近い観点で、日本企業の立ち位置、日本企業の課題、日本企業の今後とるべき戦略などを考察している。

Copyright © Global Center for Asian and Regional Research, University of Shizuoka All Rights Reserved.